銀行カードローン金利比較ランキング【借り換え比較おすすめランキング】

借り換え比較おすすめランキング

借り換えローンは低金利でおすすめ

カードローンを組む場合、消費者金融系のカードローンにしようか銀行系のカードローンにしようか悩んでしまう方もいるはず。
最近は手軽さからか消費者金融系のカードに押されがちですが、銀行系カードには銀行系カードの魅力があります。
銀行系カードローンの魅力には、やはり、低金利と安心感にあります。
消費者金融系と比べると、10%ほど金利が低くなることもあります。
「こういった方には銀行系カードローンがオススメです。」
他の金融機関からの借り入れが無いか、借り入れがあるとしても1件程度、という方には銀行系カードローンを選んだほうがお得です。
やはり金利が低いのは大きな魅力だからです。
ただ、銀行系カードローンの場合、審査が比較的厳しいので、他社からの借入が2件以上ある、という方は、確実とは言えませんが、審査を通らない可能性が大です。
しかし、審査にもいろいろな基準がありますので、通ることもあります。
ダメ元で申し込むのもよいでしょう。
銀行カードローン 条件の良い注目


消費者金融系のカードローンデメリット

一般的に言って銀行系のカードローンに比べて融資を受けられやすい、といった理由から、消費者金融系のカードローンを利用する方も多いかと思いますが、そこには意外な落とし穴があります。
まず、「融資可能額が限定されてしまう」、という点が挙げられるでしょう。
銀行系と違い、消費者金融系のカードローンの場合、カード会社が融資できる金額は年収の三分の一までとされています。
これはカード会社の審査基準ではなく、「貸金業法」という法律でちゃんと決められているのです。
例えば年収が300万円の人は100万円までしか融資は受けられません。
具体的に言うと、カードの限度額が収入の三分の一までとなります。
この制度は「貸金業法」の「総量規制」と呼ばれるものです。
この総量規制は、銀行系のカードローンにはありません。
このように審査が比較的ゆるい消費者金融系のカードローンにもしっかりとデメリットはあるのです。
逆に年収の三分の一が融資可ということをメリットとして捉える人ももちろんいると思います。


女性のためのカードローン

最近カードローンの中にも、女性専用のカードローンがあるのをご存知ですか?女性専用のカードローンのことを「レディースローン」と言います。
最近では、女性の社会進出が普通となり、社会的地位も上がってきました。
男性と同じようにバリバリと働く女性も少なくありません。
女性と男性の平等化により、カードローンも女性向けの商品が登場したのです。
対象が女性ということで、受付から電話相談まですべて女性が対応する仕組みになっているので、女性が安心して借りることができます。
もちろん男性社員もいますが、実際に女性と接するのは同じ女性ですのでなんとなく安心感がありますよね。
昔と比べてカードローンもクリーンなイメージになってきましたが、まだまだ「消費者金融は怖い」というイメージが根強く残っているのも事実です。
そういった不安を少しでも解消するために生まれたのがレディースローンなのです。
名前からして普通のカードローンより馴染みやすいかもしれません。